2009年09月11日

インドネシア住民ら敗訴

インドネシア住民ら敗訴 ODAダムで国の責任を否定

 日本の政府開発援助(ODA)でインドネシアに建設された多目的ダムをめぐり、8396人の現地住民らが移住を強制されたとして国や国際協力機構(JICA)などに1人当たり500万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は10日、請求を全面的に退けた。>>続きを読む

 ODAに絡んだ現地トラブルに日本政府が責任を負うかどうかが最大の争点だったが、中村也寸志裁判長は「インドネシアの内政問題であって、日本政府などが現地住民らに注意義務を負うものではない」と判断したらしい。

posted by poyonwin at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。