2009年08月22日

パンナム機爆破リビア人受刑者、末期がんで帰国?

パンナム機爆破:リビア人受刑者歓迎に米大統領「不愉快」

 【ワシントン草野和彦】末期がんを理由に「温情的措置」で英スコットランドから釈放された米パンナム機爆破事件のアルメグラヒ受刑者(57)が、帰国先のリビアの空港で歓迎を受けたことについて、オバマ米大統領は21日、ホワイトハウスで「極めて不愉快だ」と記者団に語った。>>続きを読む

 温情的処置というのは、どうなんでしょう?末期がん?関係ないと思うが・・・よくわかりませんねぇ。

posted by poyonwin at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/126232673
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。